タイトル画像

フライの日記

2011.12.05(12:10) 177

束の間の休暇は終わりました(-_-メ)

久しぶりの休暇だったので、家でちょっとだけフライの補充をしていたわけです。


良く使うシルバーマーチブラウンなんですが、ウィングをビルトウィングにしている物を昨年から使っているんだけど、これが実に具合が良い。
P1010781.jpg




メスキジの羽根はどうしても使用すると細く伸びちゃいがちで、まあ、それが決定的に悪いわけではないのだけど、ずっとこうあってほしいと言う形を維持したい。

でも、何かで固めたり、厚いウィングが細くなるのを計算して巻くのもなんか嫌だ。

で、ビルトウィングって細いウィングの集合体になってる。

これ、壊れないんじゃね?って使ってみたら、期待通り!


写真はわざと先端をずらして撮影したけど、使うときは全く普通のウィングにしか見えない。


P1010785.jpg


何が良くなったって、堅牢性が一番。

で、同じフライを長く使えちゃう。


最近考えてる「普通の事なのに王道。」「普通に見えるんだけど究極」

よくよく考えてみると、普通であるって、実は凄い。

凡の中の非凡。これが実は深いのでしょうね。


普通の中にまだまだやる事がいっぱいあるのかもね\(^o^)/

スポンサーサイト

FlyFishing,That’s The Way


2011年12月
  1. フライの日記(12/05)
次のページ
次のページ