タイトル画像

ユニバーサルだったりグローバルだったり

2011.03.31(19:58) 151

ある一定の条件下で抜きんでた性能や、役に立つテクニックに比べて、普遍的な性能、いつでもどこでも使える性能、又は技術。





こうゆうところが好きなのかも知れないな、などと自分自身の嗜好を分析したりしている。
又は求めていたのかも知れない。






ある一定の趣味人や変わり者(私含む(笑))にウケの良い事を追求し、良く言えば玄人受けするものも有りなんだろうけどね。大体、なんの世界でもエンスージアストなんておかしな連中だと思う。


自分自身様々な趣味を持つが、その世界で色々凝ってくるとビギナーが話しに入れないような領域に行きたがり、変態的な世界に入って悦に入り、陶酔しきってしまい、傍から見ると目を当てられないような痛い「ヲタ」になっちゃうんですね。


いや、かつては自分はそうだったと思うんです。(いや今もじゃねえのか?!)


でも、最近色んな方がたとお知り合いになり、様々な価値観をうかがい、客観的に、あくまでも客観的に自分の本当に好きな物を見つめ直して見たわけです。



そしたらね、私は普遍的な普通の物が好きなんです。

そして、普通って凄いんですね。

一部のエンスーが好むだけでなく、大多数の人が好んじゃう事って、凄いんじゃない?
奇をてらう事無く違和感なく受け入れられる物って実は凄いことで、しかもみんなを楽しませる。

凄いよね。ユニバーサル(普遍的)グローバル(いつでもどこでも)

P1010330.jpg

このフライも凄いと思う。

元のサモンなんか意識せずとも、おっきい魚も小さなピンコまでもちゃんとと言うか良く釣れる。

テイルがあってウィングが普通についてて、ハックルが付いてる。それだけ。

ザッツザウェイなのである。



なんかね、今考えている事。

普通の事を普通に、普通の物を使って普通の技術で、そしてすんげえそれが上手になれたら「粋」だろうな。
なんて妄想してるんです。








スポンサーサイト

FlyFishing,That’s The Way


2011年03月
  1. ユニバーサルだったりグローバルだったり(03/31)
次のページ
次のページ