タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FlyFishing,That’s The Way


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

最も難しいフライ

2011.02.26(14:27) 143

これは自分自身のテクニックが及ばないという事であり、万人に当てはまるお話しではありません。


自分自身のフライフィッシングの楽しみの中で、タイイングはもちろん大きな比重を占める部分ではある。

ウェットフライ、ドライフライ、サモンフライ、ニンフ、ストリーマ。

巻いた事の無いフライはおよそ無いと思う。(ジャンルと言う意味ですよ)


それらのフライ全ての中で、いつまでたっても思い通りに巻けないのが

P1010258.jpg




ロイヤルコーチマン(ドライ)だ。


あの、難しいと言われるサーモンフライより難しいのかと聞かれれば、


「その通り」なんです。

特に、ウィングにダッククイルのウィングを付けて、美しいと自分自身で納得できる仕上がりに巻く、と言うのが非常に難儀なんです。
そりゃサモンは難しいです、簡単だなんて言えません。恐ろしい(笑)

こうゆう事って人それぞれだと思うんですけどね、私はこれが一番難しい。

だからコッテコテのフライばっかり巻くと言われても、まだまだ満足できないものだからロイヤルコーチマンはいつまでも特別なフライなんです。


うーん、上手くいかねえなあ。
スポンサーサイト

FlyFishing,That’s The Way


2011年02月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 最も難しいフライ(02/26)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。