タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FlyFishing,That’s The Way


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

締めの一本。

2010.12.28(17:18) 125

今年はとても充実した一年になった。

数々のすばらしいフライマンとの出会い、素敵な出来事に巡り合い楽しいフライフィッシングライフを過ごす事が出来た。


長い間フライをやってきて自分自身のテクニカルな部分の見直し、それはフライタイイング、キャスティング、

アプローチに至るまで様々な事を見つめ直す内容の濃い一年だった。


そして、それらは自分自身に自信を取り戻すものであったり、学びたいと思わせるものであったり、しかもそれらを考える事が楽しくて仕方が無いのだ。

とりわけ、一番楽しかったのはHS/HLについて考える時間が出来た事。

そりゃあ今までのキャスティングでも魚は釣れた、でも、必ずしもグッドフィッシャーがグッドキャスターでは
無いようにグッドキャスターがグッドフィッシャーでもない。
が、その両方であったならもの凄く楽しさが増すはずなのだ。



たかが釣りの話しではあるが、そう思わせるのがフライフィッシングと言う物である、少なくとも私自身は全部手に入れたい。

グッドキャスティング、グッドフライ、グッドフィッシング。

そして来年も苦悩しながらも楽しむのである。



さて、今年はこのフライで締めようと思う。

マラード&ブルー

青いフライは私の中では鉄板なので、これが今年最後のタイイング。

P1010100.jpg
ウィングはペアじゃなく切れっぱしで巻いたバンチスタイル。

ブログ用ならもっと綺麗なのでいけるのだが、あえてこれ。

バンチウィングは馬鹿に出来ないんです、見た目の綺麗さだけでは魚は釣れんのです。

しかもこれはこれで巻くのは簡単というわけでも無い。

スポンサーサイト

FlyFishing,That’s The Way


2010年12月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 締めの一本。(12/28)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。