フライライン

今年使うライン。

SAのアンプリチュードラインとウルフのトライアングルテーパー。」

最近のラインの進歩は素晴らしいですね。

いや、飛ぶとか投げやすいとかはその人のテクニックなりですし、デザインは好みなんで問題外です。

そうではなくて、素材の進化。

まず、滑りが恐ろしくいい。

昔のラインだと、ドレッシングが足りないとシュートで失速したり、ヒビが入ったり、先端が沈んだり、閉口しました。

当時はそれでも時代の先端だったのですが、工業製品は進化しなくちゃいけません。

P1060154.jpg
アンプリチュードトラウトはいいですこれ(/・ω・)/

寿命は二倍なんだって!すげえ!

何年持つかね、ワタス生きてるといいね(*´ω`*)

もう一つはウルフのライン。

P1060165.jpg


これは結構前からあるんだけど、使ったことが無かった。

ちょっと振ってみたら飛ぶし、近距離も普通だし、ロングストロークでもショートストロークでも過不足ない。
ベリーが無く、全部テーパーってことだけど、人間の眼じゃ平行なベリーとして見えちゃうくらい徐々にテーパーしてるので、特殊には感じない。

でも、いいデザイン。

耐久性はひと昔前の性能だけど、最近は雑に使わないようになったからきっと大丈夫!だといいなあ
スポンサーサイト

復活してるね

やっと魚が入ってきたポイントを釣って来ましたら、いきなり尺オーバー二匹!

三本目はばらしたがそれも大きかった、うーん面白い!

河原にはオニゲラの脱け殻もあったし、ヒゲナガもカゲロウも幼虫が見られる。

春先はあまり見えなかったが、どこかに避難出来ていたのかどうなのかわからないがこの先も安泰だ。

私は、魚のサイズなんかで釣り師の格は決まらないと思っているので、そこそこのサイズが釣れてくれたらそれで嬉しい。

それよりは自分自身の納得こそが最も重要だ。

サイズなんてのは自慢の種でしかない。

嬉しいですけどね(;´・ω・)


でも、やっぱり7寸から8寸くらいのがいつでもそこそこ釣れて、たまーに大きいのが釣れるから嬉しい。

それに大きいのは疲れちゃう( ̄¬ ̄)


変だけどこう思う人間なんですね。
考えるではなく思う。

ここんとこは理屈じゃないのね


P1050933.jpg


P1050932.jpg

続きを読む

ドライフライフィッシング

連休中に小さな小川でドライフライを楽しんできた。

そこは、いつも小さな魚しか釣れないけれど、それがまたいい。


魚は小さいけれど、ちゃんと注意深くやらないと釣れないし、けっこう厄介だ。

別に、難しいシチュエーションで釣ることを求めなくてもいいんだけど、それでも、フライフィッシング自体が難しいゆえの楽しさもある。


今年は、あえてティペットを長くして遊んでみている。

色々な釣り師と触れ合って、それぞれの利点、楽しさを見出すことが出来たからだ。

もちろん、従来の手法も適材適所で行う。

もう、「スタイル」などという言葉の幻想からは脱却出来たように思う。

そうではない、あくまでも、手段と調整が釣りの中にあるだけである。

紆余曲折しながらもフライフィッシングの中に自由を手に入れることが出来た。

人の目も気にならなくなった。

楽しくてしょうがないヽ(^o^)丿


遊びって…心を自由にすることだよね。That's the Way

そう、そんなもんだよ。

P1050774.jpg

ヤマメ釣りたーい(;´・ω・)

今年はいっぱいヤマメ釣りたいな。

この数年サクラマスなんかもやってるけど、それも好きだけど、なんか違う。

サクラマスや雨鱒が釣れてもそんなに嬉しくない、いや、嬉しいけど、自慢も出来るけど、それだけだ。

自分の中では「フライフィッシング」的ではなく感じるからだと思う。

自分の中ではフライフィッシングとは別のジャンルになっている。

やっぱり、「フライ」ってのを使ってヤマメ釣るのは無条件に楽しいヽ(^o^)丿

お天気も良くなってのびのびやるのが一番いい。


そして、形もヤマメのほうがカッコイイ

ファイトもドキドキする。

やっぱり日本のフライフィッシングはヤマメが一番よく似合うね


ドライでもウェットでもニンフでもなーんでもヽ(^o^)丿


P1050732.jpg

解禁しました

青森もやっと解禁しました
P1050690.jpg




釣りって楽しいんですねヽ(^o^)丿


P1050688.jpg


おっきい遡上魚釣れました


P1050689.jpg


サイズは私、どうでもいいやつなんですけど、せっかく測ったんで。69センチ(;´・ω・)70いかないところが素敵
プロフィール

青森のくどう

Author:青森のくどう
Phase-D代表工藤です。

日本におけるフライフィッシングというものをおちゃらけた性格のおじさんが、至極まじめに取り組んでいる日常を、時折紹介しています。
タイイングのお話や、キャスティング、釣りのお話しなどを書きます。

気が向けばベビーメタルのお話もぶちこみます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード